サトリの恋最終話ネタバレ感想!全6話がついに終了!

サトリの恋全6話ということであっという間に最終話です。後に感想を書きますが、、、もっといろいろ判明してほしかったというのが正直な感想です。

 

 

まあこれからまだまだスペックシリーズは長いっぽいので、、、今のところはこれくらいにしておこうという話でしょうか、、、

 

 

さあサトリは大切な人達を取り戻せるのか??結局邑瀬帝法=新井遵子なのか??

 

 

サトリの恋最終話ネタバレ感想スタート!

 

 

スポンサーリンク

サトリの恋最終話(6話)ネタバレ!

前回サトリの大事な人達を操った犯人が、鷹村の病院の女医6話(山口紗弥加)であることに気づいたサトリ。

 

 

新井遵子の目的はサトリを翻弄し、彼女をアジアの超大国にスペックごと売り飛ばすこと。

 

 

とあるスタジオでサトリと新井遵子が直接対決!新井遵子はサトリをスペックにかけて操ろうとします。

 

 

しかしサトリは一瞬のスキをつき新井遵子のカメラを破壊!

 

 

新井遵子はカメラで対象者を撮影し、その写真を現像、それを破りながら謎の呪文「水金地火木土天かいかい~」と唱えることで相手を操るスペックです。

 

 

これはサトリの勝ちか?と油断した次の瞬間!なんと新井遵子は懐に忍ばせた携帯のカメラでサトリを撮影。

 

 

そして写真を現像し、呪文を唱えるためにその場から逃走!スタジオの屋上にあらかじめ置いておいたプリンターの元へダッシュ!

 

 

そして見事サトリを虜のスペックにかけます。新井遵子はサトリに追い詰められたことに腹を立てて、そのままサトリを操り命を奪おうとします。

 

 

しかし間一髪のところでアジアの某大国の日本支部のトップになったばかりの陳部長がやってきます。

 

 

陳部長は新井遵子にギャラを払いサトリを連れて帰りに来たのでした。

 

 

しかしひょんなことから新井遵子と陳の秘書が喧嘩を始めます。実は新井遵子のスペックにかかったフリをしていたサトリは、その一瞬のスキをつき新井遵子の心を悟ります。

 

 

ネタバレすると、サトリはあらかじめ新井遵子に虜にされた人物の思考を読み新井遵子のスペックについて知っていました。

 

 

そのため、新井遵子が利用するプリンターに細工をして、サトリの顔が別の人間の顔になって現像されるようにしていたようです。

 

 

サトリは新井遵子が隠し持っていた水晶玉に虜にした人物の魂が入っており、それを破壊すればスペックが解けることを悟りました。

 

 

わざわざ新井遵子の前に現れたのは虜にされた人の魂を戻す方法を知りたかっただけのようです。

 

 

怒りくるった新井遵子はサトリを倒そうとします。しかしなんとサトリはその場に助っ人を呼んでいました。

 

 

その助っ人、ネタバレするとライデンさん!(温水洋一)。

 

 

そのままライデンさんのサンダーブレイクで新井遵子と陳部長、秘書は倒されました(笑)

 

 

サトリは台湾系の裏の組織からライデンさんを助っ人に貸してもらうかわりに、自分のスペックを売ったのでした。

 

 

サトリの恋最終話(6話)感想!

意外と判明したことが少なかったという感想、、、

まあというわけでサトリの恋全6話、最終話までみたんですが、正直あんまり新たに判明したことは少なかったかな?という印象です。

 

 

正直僕スペック、sicksが見たくてパラビ契約しているんですが、この全6話を見るためだけなら正直月1000円は痛いかな、、と思ってしまいました。

 

 

Sicksやスペックシリーズで出てきた伏線が回収されると思いきやもやもやが増えただけという感じ。

 

 

それからやっぱり全体を通してみて、少なくとも今この時点ではなぜサトリが黎明編の主人公だったのかがさっぱりでした。

 

 

サトリの恋でネタバレされたこと

そんな中でサトリの恋でネタバレされたのは、、、

 

◇邑瀬帝法の正体

◇サトリがダークサイドに落ちた理由

◇なぜsicksでスペックホルダーの取り合いをしていたのか

 

 

くらいですかね。

 

 

【邑瀬帝法の正体】

やはり新井遵子は倒しておかなければいけなかった。あの時中途半端にダメージを受けさせてしまったので逆上してインナープラネッツを作っちゃった感じか、、、

 

 

話の流れ的にインナープラネッツはこれからかなり重要なキーとなりそうです。

 

 

物語外のインタビューなどを聞くとどこまで本気かわかりませんが、ちょっと政治的な要素が混じってくる⇒インナープラネッツという感じでした。

 

 

もしかしたらテレビドラマではないので、現実の何かしらの事件などを絡めて「リアルとのリンク」とかを狙ってくるかも。

 

 

やったらかなり叩かれそうですが、スペック、特にsicksシリーズを見ているとやりかねないな、、、と思ってしまいます。

 

 

【サトリがダークサイドに落ちた理由】

結局サトリがスペックシリーズで敵として現れたのはもともと大切な人達を守るためであったんですね。

 

 

ただやっぱりサトリの好感度が上がっただけで、なぜサトリの物語を深堀する必要があったのかが謎です。

 

 

【なぜsicksでスペックホルダーの取り合いをしていたのか】

「コードニノマエ」としてスペックホルダーの複製し、取り合いを国ごとでやっていたとのこと。

 

 

そして「朝倉=集合理念」であること、sicksやサトリの恋、スペックにちょくちょく朝倉は出てきて(テイルスープの店など:この話どこまで本気かわからない)改めて「朝倉」という存在を大きく物語で利用しようとしていること。

 

 

流れを見ていると

スペックホルダーを巡る人間たちの長い戦い

⇒どこかでお互い休戦し手を取り合う

⇒結局朝倉という超概念に人間たちが立ち向かう

 

 

というラスボス朝倉説が出てきそう。

 

 

【前回】

サトリの恋5話ネタバレ感想!ニノマエイトと新井遵子の正体は?

 

【sick’s】

sicks5話ネタバレ感想!最終話?SPECサーガの重大発表って何?

sicks(ドラマ)ネタバレと感想!御厨とニノマエイトのスペックは何?

 

サトリの恋のあらすじ&ネタバレ!時間軸など情報まとめ!

 

 

ネタバレ&感想のまとめ!結局sicks2期はいつ放送?

Sicksは確かちょろって言って今したが来年っぽいですよね。

 

 

ただどこまで本気かわかりませんが、今回のサトリの恋みたいに、スペックシリーズのキャラをメインにした話がつなぎでまだまだ入ってきそうです。

 

 

というわけでまだまだ何年もかけてスペックサーガは放送されそう、、、ファンとしてはうれしいですが、どうしても小出感が否めない、、、

スポンサーリンク