サトリの恋5話ネタバレ感想!ニノマエイトと新井遵子の正体は?

さてサトリの恋もあっという間に5話目に!あと2回になってしまいましたね!

 

 

さてそんな5話ですが、あまりにも話のボリュームが多すぎて、ネタバレの書きがいがありました。

 

 

いくつかの伏線に関するヒントが出た一方で、謎が深まった部分もあった、そんな5話のネタバレ感想をそれでは書いて行きます!

 

 

Eさん
ニノマエイトと新井遵子の正体が、、

 

 

スポンサーリンク

サトリの恋5話ネタバレ!

ニノマエイトの正体がネタバレされる?

前回鷹村健太郎達に助けられたサトリ。次の朝目を覚ますとそこは鷹村の家でした。

 

 

そこで鷹村健太郎に厳しくも優しく「危ない真似はもうするな」と諭されるサトリ。しかし鷹村健太郎には許嫁がいることが発覚、、

 

 

許嫁がご飯を作って待っていました、、

 

 

落ち込みながらも慌てて鷹村の家を出るサトリ。そこで急に時が止まります。

 

 

そう、後ろにはニノマエイトがいたのでした。

 

 

ニノマエイトは止まった時の中で「心を読む女星サトリ、冥界を支配する女当麻紗綾、この世界の動きをリアルタイムに監視している女柴田純、××を支配する女ニノマエイトって私か、、、私を売り出すためには強烈な敵が必要、、、面白いライバルを作るか」と意味部下な発現を、、、

 

 

そういってニノマエイトは立ち去ったのでした。

 

 

場面変わって謎のオークション会場。そこでは仮面をかぶった謎の人物たちがスペックホルダーをオークションで落札していました。

 

 

そしてそこでオークションのディーラー(進行役)をしていたのが鷹村の病院にいたあの怪しい女医新井遵子!やはり怪しい組織と関係がありました。

 

 

このオークションではなんとサトリの存在も競売にかけられました。そしてその落札を行ったのがsick’sでボス役的存在だった某アジアの超大国の日本支部のトップになったばかりの陳部長。

 

 

なんと陳部長は5000万円で始まった競売で100億円を出しで即落札!

 

 

新井遵子のスペックをネタバレ!

結婚式の打ち合わせに来た鷹村と許嫁。その中でなんとまた新井遵子の姿が!新井遵子はネタバレすると実はスペックホルダー。

 

 

写真を撮ることで、その相手を虜にし操ることができる能力。記念写真を撮ると言ってこっそり鷹村の写真を撮影し、スペックをかけます!

 

 

そして次に新井遵子が行ったのがサトリのおつきの二人の前。同じように新井遵子は虜のスペックを二人にかけます。

 

 

そして新井遵子は星サトリを手にかけるように命令します!そして早速サトリが夜道を歩いていると彼女の前に現れる二人!

 

 

しかしサトリはどこで覚えたのか?格闘技を使って二人を倒します。しかし次の刺客が。サトリの元に鷹村から「俺と結婚してくれ、病院でまっている」と言うメールが送られてきます。

 

 

さすがに何かがおかしいと気付くサトリ。

 

 

そしてサトリはビルに登り、上から町中の人の心を手あたり読みまくり、加えて今まで起こったすべてのことを思い出しながら一連の事件の黒幕は誰か推測。

 

 

何かを思いついたサトリは謎の組織の元は行き、自分の身(スペック)を捧げることで、鷹村とおつきの二人を助けてもらう約束をします。

 

 

病院にて

その後サトリは鷹村の元へ行きます。しかし鷹村は操られたまま。鷹村はサトリに「とあるお方に会ってほしい」と言います。

 

スポンサーリンク



 

 

サトリの恋5話感想!

やっぱそうだったか(笑)

新井遵子はインナープラネッツと関係があるのでは?と推測を以前していました。

 

 

しかしまさかのそれどころか、新井遵子は恐らくインナープラネッツの始祖邑瀬帝法の正体なのでは?という感じ。

 

 

あのスペックにかかった人物が白目をむくことと、そして何より「水金地火木土天かいかい~」って言ってましたからね(笑)

 

 

あの言葉って何の意味があるかずっと謎でしたが、虜のスペックを対象者にかけるときの決まり文句かなんかなのでしょう。

 

 

それにしてもまさか新井遵子が、、、正直その発想はなかったという感想です。

 

 

となればインナープラネッツの目的はスペックホルダーの収集。一つの団体にすぎない彼らは他の国と肩を並べて戦うつもりなんでしょうね。

 

 

今回判明した設定・謎

新井遵子の正体もですが、やっぱり今回はニノマエに関する気になる伏線がたくさん見えて来ましたね。

 

 

まず冒頭インタビューで言っていたニノマエというキャラは相当作りこんだ設定になっていて結構この物語のキーを持つということ。

 

 

正直最初にニノマエイトを見た時はあ~敵キャラなんだな~くらいの感想でしたが、、、

 

 

まず問題はサトリの恋はスペックゼロの前の物語であり、尚且つsick’sは当麻がいなくなった後の世界の物語。

 

 

じゃあなんで両方にニノマエイトがいるの?という話。要するに結構時間立ってるけど全然年を取っていない。

 

 

さとすればサトリの恋5話で話された「××を支配する女ニノマエイト」の××は「時間」かな~という感想。でもそれだとひねりが無さ過ぎか、、、

 

 

とならばイトは「時間」をつかさどる神的存在なのかな?

 

 

また始めニノマエイトはにのまえじゅんいちの何かを受け継ぐものかと思っていたんですが、そもそもニノマエイト⇒にのまえじゅんいちという感じっぽいです。

 

 

そしてこの二人の漢字の並びにも何かしら込められた意味があるようなことを言っていました。

 

 

「にのまえじゅんいち一 十一」、「一 一十」

 

 

苗字?の一を取ると「十一 一十」で左右対称???

 

 

なんかちょっと余計にわからなくなってきました。

 

 

この辺にスペックの映画最終回でも問題になった何かパラレルワールド的な要素が入ってくるのではないか?と言う感想。

 

 

まあとにかくここに書ききれないので考察はまた今度別の機会に、、、

 

【次回】

サトリの恋最終話ネタバレ感想!全6話がついに終了!

 

【前回】

サトリの恋4話ネタバレ感想!体が透けた理由は何?

 

【sick’s】

sicks5話ネタバレ感想!最終話?SPECサーガの重大発表って何?

sicks(ドラマ)ネタバレと感想!御厨とニノマエイトのスペックは何?

 

サトリの恋のあらすじ&ネタバレ!時間軸など情報まとめ!

 

 

まとめ

というわけでサトリの恋5話内容こすぎw

 

 

もっとゆっくり書きたかったんですがネタバレ感想は今日はこの辺で辞めときますw

 

 

またゆっくりと、、、

スポンサーリンク