サトリの恋のあらすじ&ネタバレ!時間軸など情報まとめ!

大人気スペックシリーズの新物語「サトリの恋」。

 

 

はじめサトリが主人公ということでスペックファンへのサービス回?なんて思ってしまったんですが、実はこの物語スペックサーガの中で相当重要な位置づけにあります。

 

 

今回はそんなドラマ「サトリの恋」に関して、あらすじ&ネタバレ、そして復習の意味を込めてスペックのサトリ回のネタバレ感想、さらに考察などを書いて行こうと思います!

 

 

スポンサーリンク

サトリの恋はいつ放送開始?

「サトリの恋」は9月28日放送開始です!残念ながら今回地上波の放送ではなく、動画配信サービスパラビでの独占配信となります。

 

 

サトリの恋の時間軸は?黎明編の意味とは

サトリの恋の時間的位置づけは以下の通り

 

 

スペック ⇒ サトリの恋 ⇒ sicksシリーズ

 

 

実際にはスペックの中での出来事などをうまくsicksに橋渡しをしていく役目を持っています。

 

 

ちなみにsicksまだチェックしていない方はこちらを参考にしてくださいね!sicksで初登場となったキャラクターも結構「サトリの恋」に出演しています。

 

sicks(ドラマ)ネタバレと感想!御厨とニノマエイトのスペックは何?

 

 

そして黎明編の意味について。ここも物語のあらすじでは結構重要になってきます。

 

 

「黎明」とは明け方のこと。

 

 

「サトリの恋」ではスペックで出てきた重要キャラが「スペックを持つ」ことになったきっかけが出て来ます。

 

 

つまり「黎明⇒明け方⇒スペックの発生」ということです。

 

 

また個人的には物語が進むにつれて、この「黎明」がより重いキーワードになってくるのではないかと推測しています。

 

 

というのも公式情報の中では「スペックを持つ」というより「スペックの発現」と記されていたからです。

 

 

スペックとは結局何なのか、なぜ発現するのか。そんな「芯」の部分がより明確にわかるかもしれません。

 

 

さらにはスペックシリーズの当麻、瀬文がいた「未詳」が出来たきっかけなどもわかるようなので、一気に伏線の回収がされそうです。

 

 

サトリの恋のあらすじ&ネタバレ!

「サトリの恋」の主人公はスペックシリーズで人の心を読むスペックを持っていた「星慧」。

 

 

今回のは彼女が学生だったころのストーリー。

 

 

スペックシリーズでかなり印象的に目立っていたサトリ。しかしもともとはかなり地味な女の子でした。

 

 

そんなサトリが恋心を抱いていたのかモテ男子水島翔一。

 

サトリの恋 水島翔一役の國島直希って誰?演技の評価も!

サトリの恋 鷹村健太郎役の竹財輝之助って誰?演技の評価も!

 

 

自分とは遠すぎる彼のことへの思いが募りに募ったきっかけで、サトリはある日彼の心の声が聞こえるようになります。

 

 

そうこれが彼女のスペックが発現したきっかけでした。

 

 

そしてスペックを持ってしまった彼女は、他のスペックホルダー、さまざまな陰謀を持つ人物との「戦い」に巻き込まれることになります。

 

 

サトリの恋1話のネタバレ感想はこちら!

 

サトリの恋1話ネタバレ感想!初回のあらすじを詳細に!

サトリの恋2話ネタバレ感想!キャストの山口紗弥加が怪しすぎる!

 

 

サトリについて

彼女は、人の心を読む能力を持ち、同時に複数の人物の読心も可能。ロリータ・ファッションに身を包み新宿で街頭占いをする売れっ子占い師。

 

 

的中率の高さでテレビやインターネットでも話題となっていた。夜12時には必ず閉店して姿を消すことに由来して「新宿のシンデレラ」と呼ばれている。

 

 

バックに属する組織があって、そのボスの命令で冷泉を奪還するらしい。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

サトリ回(スペック7話)のあらすじ&ネタバレ!

瀬文は、長い間植物状態で警察病院に入院していた部下の志村が、強制尊厳死されることになったことを、志村の妹の美鈴から聞かされます。

 

 

この時美鈴は、行き場のない悔しさを瀬文へぶつけます。瀬文は、なんとかしたい気持ちでいっぱい。

 

 

以前、海野から〝病を治す能力を持った男〟の話を聞いていた瀬文は、当麻とともに、スペックホルダーを調べ始めます。

 

 

そして、予知能力者の冷泉ならば〝病を治す能力を持った男〟の居場所を予言できるのではと予想します。

 

 

瀬文と当麻が、冷泉の居場所を探し出した矢先、未詳(警視庁公安部未詳事件特別対策係)に、「新宿のシンデレラ」と呼ばれている超人気の占い師サトリが乗り込んできます。

 

 

Eさん
「どうやって入ったの?」

 

 

なんと、冷泉の身柄を奪還することを宣言しにきましたね。

 

 

瀬文は、当麻に何も考えるなと言われたにもかかわらず、冷泉が保護されていそうな場所を思い浮かべてしまい、サトリは読み取ってしまいました。

 

 

この時、瀬文はサトリの力に半信半疑でしたが、既に夜の新宿でサトリと出会っていた野々村係長は、サトリの力に断定的でしたね。

 

 

そして、サトリはまんまと冷泉をさらってしまいました。サトリの属する組織が冷泉をさらった目的は、〝世界の要人の寿命を予言し書き換える〟つまり命を奪う?

 

 

冷泉は、サトリに心を読まれないようにお経を唱え始めたかと思いきや、歌を唱えながら集中する。しかもAKB…ポニーテールとシュシュ当麻も、冷泉を奪還するために試行錯誤していました。

 

 

そして、経費の精算を始めた当麻に瀬文はイライラ。怒鳴り散らす瀬文に対して、一喝する当麻。

 

 

当麻は密かに、「かわいい女の子(サトリ)の家に、変態の男(冷泉)がたてこもっている」という通報をし、SIT(特殊捜査班)を送り込む作戦企てていました。

 

 

ところが、冷泉の集中力が途切れた隙に、サトリは冷泉の心から当麻の作戦を読んでしまい、SITが乗り込んでくる前に、冷泉を連れて逃げてしまいます。

 

 

しかし、当麻にとって、サトリの行動は想定内でした。サトリの居場所を抑え、身柄を確保、冷泉も無事に取り戻すことに成功します。

 

 

瀬文は、冷泉に警察の保護施設に収容することを伝えます。

 

 

冷泉は逃がしてくれたら、「どんなケガでも病気でも治せる人間の情報を予言する」当麻には「一十一(ニノマエ)の出没する場所を予言する」と取引を持ち掛けます。

 

 

そして、いいタイミングで係長から確認の電話。

 

 

瀬文は、サトリは確保したが、冷泉には逃げられたと報告します。そして、瀬文も当麻もそれぞれの相手に会いに行きます。

 

 

サトリ回(スペック7話)の感想!

美鈴は、当麻を〝同じ向こう側の人間〟と思い、当麻の中のビジョンを見ようと触れてみますが、餃子でいっぱいというシーンから始まる第7話。

 

 

当麻らしい…。

 

 

でも、ストーリーは完璧でした。

 

 

見事にサトリのことを読んでいましたね。「新宿のシンデレラ」は、なぜ必ず12時に閉店してしまうのか、むち打ちの原因や交通違反から、サトリの弱点に注目するあたりはさすがでした。

 

 

そう…サトリには、相手の心を読むという強力すぎるSPECの副作用で、午前0時を過ぎると強烈に眠くなるという弱点があるのです。

 

 

サトリの行動を読み解き、身柄を確保だなんてさすが当麻って感じです。

 

 

ただスペックの副作用ってのが今思えば何かの伏線なのかな?って思ってしまいます。

 

 

案外スペックシリーズで副作用を持っている人少ない気がします。

 

 

いるとすればサトリ以外には、、、人に憑依できるやつくらい?

 

 

確か憑依するともとの人間が無防備になるんですよね。スペックではそこを狙われて倒されたはず。

 

 

まだ判明はしていませんが、サトリの能力は結構特殊なのかもしれませんね。

 

sicks(ドラマ)の登場人物のスペック一覧まとめ!メルメルって何w

 

 

このあたりがスペックサーガで重要な位置づけである「黎明編」の主人公にサトリが選ばれた理由なのかもしれません。

 

 

まとめ

というわけで今回はサトリの恋に関してあらすじや考察などを書いてきました。

 

 

う~ん、サトリの恋やっぱり地上波ではなくて独占配信ってのがきついですよね。

 

 

見たいと思ってもパラビに登録してまでは、、って方も多いかも。

 

 

でもパラビはsicksも見られるのでぜひ気になる方は登録してみてくださいね!

スポンサーリンク