ケンカツ2話ネタバレ感想!日下部欣也役は誰?不正受給編!

健康で文化的な最低限度の生活2話のネタバレ感想です!

 

 

2話のテーマは不正受給。不正受給って言うと悪い大人達がやっているイメージでしたが、日下部親子の話を通して、いろんな事情があるんだな、、という感想を持ちました。

 

 

それでは今回も健康で文化的な最低限度の生活ことケンカツ2話のネタバレ感想を書いて行こうと思います!

 

 

スポンサーリンク

ケンカツ2話ネタバレ!不正受給編!

日下部家のケース

義経えみるが訪問したのは日下部家。おじいちゃんの介護をしながらも真面目につつましく働いているシングルマザー聡美。

 

 

日下部には息子が一人、そして娘が一人います。

 

 

日下部家と義経えみるの相性も良いようで、良い関係が結べそうです。

 

 

そんなある日、日下部聡美は娘の携帯をのぞき見してしまいます。そこには娘が友達とパンケーキを食べたり、遊園地にいったり遊びまわっている姿が。

 

 

日下部母は娘の小遣いでこんなに遊べないはずと怪しがります。

 

 

実は日下部娘は母から貰う小遣いの他に兄からお金をもらっていたのでした。

 

 

不正受給の発覚

不正受給をチェックする時期になりました。

 

 

リストから収入を申告していないなどの不正受給の疑いがある対象者をチェックしなければなりません。

 

 

そんな時、義経えみるはリストの中に「日下部欣也」の名前があることに気づきます。

 

 

日下部欣也はアルバイトをしているのにも関わらず収入を申告していなかったのです。

 

 

そこでえみるはまず本当に日下部息子が本当に働いているのか確認するために寿司屋に。確かにそこに働いている欣也の姿を見つけます。

 

 

バイト代を返還、、説明へ

後日義経えみるは日下部家に。バイト代を全額返還しなければならないことを説明しにいきます。

 

Eさん
「交通費と社会保険費は控除されます。でもそれ以外は全額徴収するようにと、、」

 

 

しかも去年の60万と今年の分を合わせて60万円を返還しなければならなくなりました。

 

Cさん
「一体何にそんな大金使ったの?」

 

 

母親が息子の部屋に向かいます。彼の部屋からはCDや音楽の機材が大量に出て来ました。

 

 

欣也は激昂!

 

 

ギターを地面にたたきつけます!やっぱり納得いかない、一体なんの罰なんだ!

 

 

そしてついに

 

Dさん
「貧乏な奴は夢もみることもダメなのかよ!」

 

 

義経えみるはいつのまにか欣也から得ていた信頼を失ってしまったのでした。

 

 

ケンカツ2話感想!

日下部欣也役は誰?

日下部欣也役の吉村界人さんやっぱりかっこ良かったですよね~表情の作り方とかがいかにもバンドマン感が出ていました。

 

吉村界人が健康で文化的な最低限度の生活の日下部欣也役!演技の感想も!

 

歌詞を方ノートとかも出てきたので欣也は本格的に音楽の夢を追っていたようです。

 

 

阿久沢が円食堂で働いていた!

まさかの阿久沢がえみるが通っている食堂で働いていました。借金もなくなり働くことで生き生きしていましたね。

 

 

ちなみに原作では阿久沢のその後は別の職業をしています。詳しくはこちらを参考にしてくださいね!

ケンカツ日下部息子と阿久沢の結末&その後をネタバレ!

 

帰りにコンビニによって飲み物を買って帰る時に店員さんに向かって「今日ぐらいは良いですよね」って言っていました。

 

 

つまりこれまで借金を返済するために相当いろんなものを我慢してきたのでしょう。たった一杯の飲み物を買うのを躊躇するほどに、、

 

 

やっぱり笑顔が戻っていたことが印象的。それどころか今度は立場が逆転して阿久沢がえみるを勇気づけてましたね。

 

 

予告を見るとやはり来週にも阿久沢は出てくる様子。恐らくこの阿久沢が今後、半田さんと同じように良い相談相手へとなっていくと思われます。

 

Eさん
一回どん底を味わったからこその強みがあるのではないでしょうか?

 

正直原作では阿久沢はあまり出てこなかったのに、なぜあんなにもケンカツの特番や広告にエンケンさんが出てくるのか不思議に思っていましたが、、

 

 

今後もことあることに出てきて、円さんと一緒にえみるを勇気つけてくれることでしょう。

 

健康で文化的な最低限度の生活 青柳円役は徳永えり!定食屋の演技が良い!

 

こういう関係ってもしかして実際のケースワーカーと受給者の間にもあったりするのではないでしょうか??

 

 

ケースワーカーは誰の味方なのか?

ケンカツドラマの中でも言われていましたが、「ケースワーカーって誰の味方なのか」って凄く難しんじゃないかと思います。

 

 

やっぱり受給者の味方だと考えたいですが、実際は誰の味方でもないのではというのが僕の意見です。

 

 

あくまでケースワーカーと国とのお金のやり取りのクッション役だと思います。なので本来はどちらの味方をしてもいけないのでは?

 

 

そんな中で今回の栗橋(川栄)が担当したおじいちゃんみたいなの来たら正直面倒ですよね。あまりにもケースワーカーが優しく寄り添いすぎてもいけないのではないかと。

 

 

やはり生活保護を貰う方も、お金をもらっている以上あんな横暴な態度とるのはどうかと思うんですよね。病気などでどうしても厳しい場合はしょうがないですが、あのおっちゃん明らかにピンピンしていましたよね。

 

 

もちろんあんなタイプの人間はごくわずかだと思いますが、、、僕はケースワーカーって良い意味で「役所仕事」である必要があると思います。あのおっちゃんサービス業かなんかと間違っているのではないでしょうか。

 

 

「このねえちゃんの説明じゃわからん」じゃなくて明らかにわかろうとしてないでしょ

 

 

バイト代全部返せは違う気がします

現在の制度で決まっているなら仕方がないですが、、正直親が生活保護を貰っているからといって、息子がバイトをして稼いだお金分保護費が減るっておかしと思います。

 

 

生活保護が世帯ごとってのがちょっと個人的には府に落ちないかな、、

 

 

やっぱり自分で働いたお金は自分のものだと思うし、子どもからしたら親が生活保護を貰ってるなんて自分には関係ないって思いますよ、そりゃ。

 

 

例えば独立生計のような要は大人が生活保護を貰っている人にご飯を食べさせてもらっているなら、稼いだ分は養ってもらっているので差し引くべきでしょう。

 

 

しかし子どもはある意味養われるのは家族という形では当然なのかなと思います。

 

 

だって生活保護を貰っていない家庭でも子どもは親からご飯を食べさせてもらっているわけですから。

 

 

なのでバイトで稼いだお金も、平等に普通の家庭のように自分のものとして良いと個人的には思います。

 

 

まとめ

というわけで今回もケンカツ(健康で文化的な最低限度の生活)に関して2話ネタバレ感想を書いていきました。

 

 

2話は話をまたいで不正受給に関する話。さて来週どういう展開になるのか、非常に楽しみですね。

 

 

どうでも良いけどこの画像えみるがソフトクリームひったくっているように見えますね(笑)

 

 

以上「ケンカツ2話ネタバレ感想!日下部欣也役は誰?」でした!

 

【次回】

ケンカツ3話ネタバレ感想!七条がマザコンすぎるw

 

【前回】

ケンカツ(健康で文化的な最低限度の生活)の1話ネタバレ感想!

 

ケンカツ2話の動画を無料で見逃し配信!pandraやDailymotionは?

ケンカツの漫画を無料で!漫画村やzipの代わりのサービスはこれ!

スポンサーリンク