モンテクリスト伯原作の登場人物とドラマの登場人物を比較!

ドラマのモンテクリスト伯かなり

面白いですね

 

 

見ているうちにやっぱりこの先

どうなるか原作の方を

覗いちゃいますよね(笑)

 

 

しかしあんまり深く調べると

ネタバレに、、ということで

避けたかったのですが、結局

登場人物を調べちゃいました

 

 

なので今回は原作の登場人物と

ドラマの登場人物を並べてみ

比較してみようと思います

 

 

※一部ネタバレを含むので注意

 

 

スポンサーリンク

モンテクリスト伯原作の登場人物とドラマの登場人物を比較!

柴門暖/エドモン・ダンテス

物語の主人公

 

原作がダンテスに対してドラマ版がダン

という名前なんがちょっとした

面白さがありますねw

 

 

原作の方もダンテスは誠実で健康な

若い船乗りということでドラマの

キャラクターに近いと思います

 

 

目黒すみれ/メルセデス

ダンテスが捕まりやはりフェルナンと

結婚後子供を設ける

 

 

一応原作ではモンテクリスト伯として

戻ってきたダンテスに対してだれも

本人だと気付かないなか、

 

 

メルセデスのみ本人だと

気付いていた模様

 

ドラマでも2話の最後の方で

一瞬気づきそうでした

 

 

もしかしたら3話以降

すみれだけ暖に気づくのかもしれませんね

 

 

一応2002年に制作された時の

エドモンとメルセデス

 

 

こんな感じだったのかな??

 

 

南条幸男/フェルナン

ダングラールと共謀してダンテスを

はめたのは同じ

 

 

ただ肩書が原作とドラマで

異なります

 

 

原作ではもともと漁師

だったようです

 

 

ダンテスをはめた後は

軍に入り他人を裏切ることで

出世していきます

 

 

後に貴族議員まで大出世します

 

 

ドラマでは俳優としてブレイク

していますが、

他人を裏切って出世という

部分が抜け落ちていますね

 

 

原作では結局そこをダンテスに

つつかれ失脚したようなので

ドラマではどのように展開

していくかが工夫されていそうです

 

 

南条明日花/アルベール

ここは原作と異なる様子

 

 

ドラマ版では幸男とすみれの

子供は女ですが、原作では

男のようです

 

 

ファリア真海/ファリア神父

教養に優れている部分は同じ

 

 

ただドラマ版だと大統領という

設定だが、

原作の方では神父

 

原作だと遺産も自分のものではなく

お宝のありかを知っている

という設定であり、

亡くなる前にダンテスに

教えるという設定

 

 

また捕まった理由は遺産を

狙われたからではなく、

お宝を探そうとしていた時に

独立運動を起こそうしていると

思われたため

 

 

入間公平/ヴィルフォール

原作では検事

 

 

とにかく出世欲の塊で、

他人を犠牲にしてでも成り上がろうとする

 

 

最終的には検事総長という

法のトップに就くので、

ドラマの方でも警視総監まで

成り上がる気がしますね

 

 

入間貞吉/ノワルチエ

ダンテスが手紙を受け取り

届けようとしていた相手

 

 

ちなみに原作では手紙を

ノワルチエが手紙のやり取りを

していたのは犯罪組織ではなく

ナポレオン

 

 

神楽清/ダングラール

原作では貿易会社のモレル商会の

会計士という設定

 

 

という感じで一通りメンバーが

揃っています

 

スポンサーリンク



 

原作とドラマの違いまとめ

それでは原作とドラマの違いを

まとめていきたいと思います

 

 

手紙の内容

ドラマには犯罪組織ククメットへの

資金援助要請が書いてありました

 

 

しかし原作ではナポレオンが絡んできます

 

 

 

このころナポレオンが島流しを

食らったころの時代設定で

ナポレオンがノワルチエに送った

手紙にはナポレオン軍の再上陸を

するということで、

 

 

それに合わせて準備をするように

という内容だったそうです

 

 

ちなみにククメットは原作で

出てくる山賊の頭の名前なんだとか

 

 

始めドラマでククメットと聞いたとき

かなりモブ悪役キャラみたいな

名前だな(笑)と思いましたよ

 

 

遺産ではなく宝

ファリア神父がもともと遺産を

持っていたという設定ではなく

モンテクリスト島に眠る宝の

隠し場所を知っていたという設定

 

 

幸男とすみれの子供が女の子

原作アルベールという名前で

男でありダンテスと決闘を

することが決まっていたようです

 

 

自分の父親の過去を知り

決闘は辞めたようですが、、

 

 

ということは今回南条明日花は

思ったより重要なポジションに

なるのかもしれません

 

 

モンテクリスト伯原作

モンテクリスト伯の原作はこちら

 

 

実際にこうしてドラマと

原作とを比べてみると

結構大筋は原作通りに進んでいる

ようですね

 

 

この先もこの流れをくむと

思うので原作もちょっと買って

読んでみようかな?と思います

 

 

あえて二つの物語を比較しながら

作品を楽しむというのも

面白そうですよね!

 

 

日本語訳版モンテクリスト伯

日本語訳版はかなり読みやすいように

なっているようですが、

大筋はほとんど原作と同じとのこと

 

 

登場人物は以下の通り

■エドモン・ダンテス⇒團友太郎

■ダングラール⇒段倉

■ヴィルフォール⇒蛭峰

■ファリア神父⇒梁谷法師

 

 

黒岩涙香の巌窟王

 

上巻

 

 

下巻

 

ちなみに黒岩涙香は女ではなく男です

 

 

小野妹子が男だとわかった時の

あの懐かしいびっくり感を

久しぶりに感じました(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク