西園寺の名推理ネタバレ感想3話!大川と百合子の関係は?

4月27日の西園寺の名推理

かなり見応えがありました

 

 

前もって軽くあらすじは見ていて

内容は予想していたんですが、、、

 

 

それ以上でした

 

 

話自体も面白かったんですが

だんだん登場人物の情報が

出てきて関係性などが見え隠れ

してきました

 

 

そんな盛りだくさんとなった

執事西園寺の名推理3話のネタバレ感想

スタートです!

 

 

スポンサーリンク

西園寺の名推理ネタバレ3話!

3話のキャストに関してはこちらを参考にしてください!

見ながらネタバレを読むとわかりやすいと思います!

 

西園寺の名推理3話のキャストまとめ!あらすじも!

 

連れ去れた伊集院百合子

西園寺と伊集院百合子は

検診のために病院に向かいます

 

 

病院の駐車場に着いたときに

子供が生まれそうな妊婦さんが

倒れており、助けを呼ぶために

西園寺は伊集院百合子のそばを

離れます

 

 

その少しの間に事件が

 

1_12

 

 

ちょうどその日はドイツの自動車メーカーの

トップがその病院で治療をしに

来日しており、その執刀医として

藤井敦子が手術する予定でした

 

 

その藤井敦子が駐車場で連れ去られ、

近くにいた伊集院百合子も

巻き添えを食らい連れ去られます

 

 

帰ってきて伊集院百合子がいないことに

気付く西園寺

 

 

車の監視カメラによって

連れ去られたのが映っていたのでした

 

 

そんな時にかかってきた電話

 

 

犯人によると人質の解放の条件は

「病院が隠している罪」の公表とのことでした

 

 

しかし院長や医師は罪に

心当たりがないと言います

 

手術を延期するわけにはいかないので

緊急代理で牧野医師が手術をすること

 

 

病院が隠した医療ミスとは?

後の西園寺の調査で病院が

隠していた医療ミスの詳細が

判明します

 

 

実は市川美子という保護師が

ペースメーカーの誤作動によって

亡くなっていたのを、

委員長の側近っぽい医師が

隠していたのです

 

 

その医師はペースメーカーに

誤作動が起きる可能性があることを

知りながら、裏金をもらうことで

そのペースメーカーを使い続けていたのでした

 

 

しかもこの石市川美子の事件が起き、

その罪を安達という医師におしつけ

左遷するという最低ぶり

 

 

結局この事件によって責任を

なすりつけられた安達医師が、

 

 

被害者の市川美子を慕っていた

中田という男をたきつけて

連れ去り事件を起こしていたのでした

 

 

つまりまとめると

ペースメーカーの誤作動で市川が亡くなる

⇒院長の側近ぽい医師が隠ぺい

⇒安達医師に責任転嫁

⇒安達が病院に復讐

⇒実行犯は市川を慕っていた中田

 

 

という感じ

 

 

これですべての事件が解決と

思いきや、、ここでどんでん返しが!

 

cat

出典:https://matome.naver.jp/odai/2138509541643250701

 

本当の黒幕は安達じゃなかった!

連れ去り事件の真相が発覚後

安達は病院内の

遺体安置室で死んでいました

 

 

スマホには遺書と思わしき

文章が書いてあったため

自ら責任を負って亡くなったと

思われたんですが、、

 

 

実は黒幕は安達ではなく牧野医師!

 

 

最後牧野医師が来日した要人の

手術に成功してご機嫌で

手術室から出てくるところに

西園寺が待ち伏せ

 

 

そのまま今回の真相を突きつけます!

 

 

西園寺によると、、

 

 

そもそも安達はなぜ事件の決行日を今日にしたか

⇒誰よりも患者の命を大切にしていた

安達が、患者の生死にかかわるようなタイミングで

事件を起こすはずがない

 

 

なぜ牧野医師は市川さんが

保護師をしていたとは伝えられていないのに

知っているような発言をしたのか

 

 

安達が残した遺書には句点の後に

スペースを空ける不思議な癖があった

この癖は牧野医師が文章を書く時の癖

 

 

安達医師が亡くなった前後で牧野医師の

白衣の丈の長さが変わっていた

⇒その白衣を証拠として押さえられた

 

 

以上の内容、証拠を西園寺につきつけられ

牧野医師が犯人だということが発覚しました

 

 

動機に関しては

スポットライトを浴びてみたかったとのこと

 

 

外部の大学から来た牧野医師は

良い腕があっても良いチャンスを

与えられず地味な仕事ばかり

 

 

そんな毎日が嫌になり

ドイツの要人の手術を自分が

成功させたかったとのこと

 

 

結局名声がほしかった

ということです

 

スポンサーリンク



 

感想

今回いつもよりかなり事件の方が

内容が濃かったです

 

 

いつもは事件の内容やトリックは

それほど凝っておらず、

どれだけ西園寺が凄い執事が

というところに重きを置いている感じ

 

 

しかし今回はどんでん返しが

ありました

 

 

ただ正直1時間の尺に入れきるのは

少し難しかったと思います

 

 

安達医師が黒幕⇒本当は牧野医師が黒幕

まで間がなく

あれっ????何がどうなった?

という感じでした

 

 

そして今回も安定の西園寺の最強ぶり

 

 

途中ペースメーカー会社に

一人で乗り込むんですが

ガードマン含め悪役を

全員一瞬でねじ伏せるというw

 

 

特に今回違ったところは焦り

 

 

いつもはさらっと事件を

解決する西園寺ですが、

今回は百合子が連れ去れたので

少し余裕がないというか

しのごの言わずにという感じが

しました

 

 

ちょっと暴走気味の西園寺から

よほど伊集院百合子を

慕っているのが伝わってきましたね

 

 

最後敵のアジトを見つけ

百合子を迎えに行くシーンが

あるんですが、

百合子だけ助けまさかの藤井医師は

置き去りにしていくんですよね(笑)

 

 

「後は警察の方が来ますので」

って言い残して(笑)

 

いやそこ助けろよwって感じ

 

 

しかも縄も解かずに置き去りですからねw

 

 

そんな伊集院百合子への強烈な

思いを見せる西園寺とは別に

今回新たに垣間見えたことが

あります

 

 

それは毎回出てくるラスボスっぽい

おじさんと百合子の関係

 

 

百合子が連れ去れたと知り

慌てる様子を見せたり、

 

 

最後百合子が開放され病院から

帰るときにわざわざ病院まで

顔を見に行ったり

 

 

最初は百合子を敵視していると

思っていたんですがどうやら

少なくともこのボスっぽい人は

百合子に思いを抱いていそうです

 

 

となれば恐らく西園寺と

このボスっぽ人は因縁があるが

伊集院百合子とは親しい

 

 

この辺に物語の伏線がありそう

 

【PREV】

西園寺の名推理ネタバレと感想第二話!あらすじと登場人物も!

 

西園寺の名推理のロケ地!ホテルや豪邸などの撮影場所まとめ!

西園寺の名推理のエンディング(主題歌)!しおりの歌詞が良い!

執事西園寺の名推理ネタバレあらすじ1話!感想、、西園寺は何者?

スポンサーリンク

スポンサーリンク