西園寺の名推理ネタバレと感想第二話!あらすじと登場人物も!

前回見ていて面白かったので

執事 西園寺の名推理

2話目もみちゃいました

 

 

やっぱり全体的に推理のネタや

トリックが複雑なわけでは

ないのですが、

 

 

西園寺が何者なのかが非常に気になり

ヒントがでないか見ちゃいますね~

 

 

それでは早速ですが

執事西園寺の名推理の第二話に関して

ネタバレあらすじと感想を書いていきます!

 

 

結構感想に主観が入っていますが

悪しからずw

 

 

スポンサーリンク

西園寺の名推理第二話キャスト

まずは第二話に出てくる

主な登場人物を紹介

 

 

今回は少ないので

初期のころでだいぶ

犯人がしぼれていました(笑)

 

 

みなさんも誰か予想してみてください

 

 

望遠鏡の会社:山名なんとか工業

社長で今回の被害者:山名社長

技術者のリョウジ

副社長のひろみ(社長のいとこ)

社員A

主任(めっちゃ技術がすごい)

 

 

はじまり~残されたダイイングメッセージ~

はじめに西園寺の過去にかんする

意味深な発言がありました

 

 

なんかすごく黒幕みたいな人物が

「西園寺は今は伊集院家の執事をしているが

あの男は危険だ」との発言

 

 

やはり西園寺は執事になる前に

裏世界で何かしていた感じが

しますね、、

 

 

今回は番組の最後に伊集院家の

無き党首(百合子の旦那)を

何かにらみつけるようなシーンが

ありました

 

 

もしかして、、もともと伊集院家は

敵だったとか??

 

 

憶測が広がりますね

 

 

そうしているうちに今回の

ストーリーがはじまります

 

 

今回の舞台は望遠鏡会社

伊集院の亡き父が投資した会社です

 

 

伊集院百合子は孤児院の子供に

星を見せてあげたいと思い

星を見る会を催すことにしました

 

 

そこで望遠鏡を借りるため

お願いしに行くという流れです

 

 

そしていきなりお願いしにいった夜に、

会社の屋上で月をとっている最中、

社長の山名が誰かに手にかけられ

なくなります

 

 

もともとこの会社の内部では

開発データをライバル会社に

流しているスパイがいるのでは?

という疑惑がたっており

それが今回の動機だと思われました

 

 

いつも通り西園寺に推理をさせようと

決めた伊集院!

 

 

意外とこの伊集院奥様

簡単に西園寺に推理をさせようと

するんですよね(笑)

 

 

いや、普通危険だから巻き込ませたくない

と思うんですが、

 

 

ちょっとコンビニでお茶買ってきて

くらいの感じでお願いするところが

面白いw

 

 

さて山名社長は六角形の

印と二つの血の点を

冬のダイヤモンドにみたてて

ダイイングメッセージを残します

 

 

このメッセージは冬のダイヤモンド

ポルックスとカストルという

星を表していました

 

 

この星は兄弟星と言われ

非常に仲の良い星だったそうです

 

 

ここでやはり兄弟である

社長の弟りょうじが犯人では?

という感じになります

 

 

弟はいつも社長の影の存在

まして実は本当の兄弟ではない

 

 

そして会社が大きくなったのは

りょうじの優れた頭脳のおかげでした

 

 

だけどいつも影の存在

 

 

これは怪しい、、

 

スポンサーリンク



 

証拠品?パスコードがかかったファイルには何が?

社長は本当にセキュリティに

甘かったのでした

 

 

警察がパソコンの中を調べるのですが

ほとんどパスがかかっておらず、

かかっていても誕生日など

 

 

しかしそんな中一ファイルだけ厳重な

パスコードがかかっている

ファイルがありました

 

 

警察はこの中に証拠があるのでは?

とあたりをつけます

 

 

さてそのころ西園寺は伊集院家に

戻り執事の業務をこなします

 

 

百合子と西園寺は社長がその日

撮影していた写真を見ていました

 

 

その時百合子が

「(社長はあの日)月の写真を撮っていたのよね」

西園寺何か思いつきます

 

 

社長は天体を取る際

コンパクトカメラで撮影していました

 

 

しかし社長がとった画像には

手ぶれがなかったのでした

 

 

つまり手ぶれを防ぐために

犯行現場にはなかった

「何か」があるはずでした

 

 

そして西園寺はその何かは現場から

社長室に移動されていた

スマホではないかとあたりをつけます

 

 

刑事が徐々に西園寺を、、

実はこの間例の怪しいファイルの

パスワードを調べ中身を

開こうとしていました

 

 

そんな時にスマホの中身を

見せてもらうために西園寺が

刑事の元をたずねてきます

 

 

なんやかんやでwスマホを

借りた西園寺

 

 

その代わりではないですが

西園寺があたりをつけていた

パスワードを刑事に教えます

 

 

なんとパスワードはあっていて

ファイルのロックは解除されました

 

 

驚く刑事

 

 

この辺から徐々に刑事が西園寺を

刑事が認めてきた感じ

 

 

最初はなんだおまえ?という感じで

パッチパチでしたが、

徐々に信頼感が出てきたのかな?

という感じです

 

 

そしてついにネタバレへ!

 

 

犯人ネタバレ

西園寺はついにすべての謎を

解き、いつも通り犯人候補を

一か所(今回は会社の屋上)に

集めます

 

 

現場に呼ばれたのは

りょうじ、女副社長、あと

誰だ?って感じの社員Aw

 

 

推理は次の通り

 

 

社長は撮影する際手ぶれを防ぐために

スマホを使ったはず

 

 

なのに次の日スマホは社長室に

あった

 

 

犯人にとって屋上にあったら

都合が悪いことがあった

 

 

スマホの中にはとある人物が

ライバル会社の社員と

密談をしている画像が

はいっていたのでした

 

 

実際は犯人はその画像を

消していたのですが、

クラウド上にバックアップが

残っているというオチ(笑)

 

 

そして犯人に関して

 

 

あのダイイングメッセージの意味

 

 

神話でカストルポルックスの

話は確かにあっていました

 

 

しかし神話には続きがあって

兄であるカストルを手にかけたのは

いとこであるイーダース

 

 

つまりいとこである

ひろみを示していたのでした

 

 

動機ですが、

ひろみはライバル会社の研究員の

スパイ行為をしている写真を

社長にとられていました

 

 

ようはハニートラップにかけられて

その男から結婚しようと

言われており、それを信じて

会社のデータを流していたのでした

 

 

最初言い逃れしようとする

ひろみでしたが

 

 

ひろみは事件後スカーフに血がついて

クリーニング店に出していた

ところを、西園寺に抑えられ、

 

 

証拠としてそのスカーフを

西園寺につきつけられ

言い逃れができません

 

 

まあ正直

いや、血がついたスカーフを

クリーニング店に出すなよw

 

 

普通に通報されるだろw

 

 

っておもったんですがねw

 

 

まあ少しくらいツッコミどころが

あったほうがドラマとして

面白いんですが

 

 

もう一個個人的に突っ込みたいのは

ダイイングメッセージ

 

 

意識がもうろうとするなか

社長は六角形の院に二つの点を

書いたわけですが、

 

 

これ弟が犯人と思われるって

思わなかったのか?という疑問が

残りましたね

 

 

普通愛している弟に少しでも

容疑がかかるようなダイイングメッセージは

残したくないだろうに、、

 

 

結局あのロックのかかっていた

ファイルですが、

中身には社長が弟のりょうじを

次世代望遠鏡国家プロジェクトへ

推薦するための書類でした

 

 

いつまでも弟を自分の手元に

おいておくのではなく

才能を伸ばしてあげたいという

兄の愛だったそうです

 

 

さて今回西園寺の

「非人間離れ」が目立っていた

印象を受けましたね~

 

 

途中まさかのひろみに言い寄られたんですが

「どんな女性がお好き」と聞かれ

興味がありません

私は渉外奥様につかえる所存です」

という答えw

 

 

また途中で

夜怪しい人物とひと悶着

(結局犯人ではなかった)が

あり戦闘シーンがあったんですが、

西園寺強すぎw

 

 

西園寺は涼しい顔で相手を圧倒

(相手はもとボクサーかなんかだったw)

 

 

しかもなんかね戦うときに

余裕すぎて関節が曲がってないんですよw

 

 

ますますこの人何者なの?と思った

執事西園寺の名推理第二話でした

 

執事西園寺の名推理ネタバレあらすじ1話!感想、、西園寺は何者?

スポンサーリンク

スポンサーリンク