モンテクリスト伯ドラマのネタバレあらすじ第1話!感想も!

1_12

始まりました!

 

 

ドラマモンテクリスト伯!

 

 

かなり面白かった

 

 

なんというか冤罪というのが

分かっているので1話は凄く

モヤモヤする内容

 

 

いろんな登場人物が

主人公暖を疎ましく思い

 

 

誰もが暖をはめる可能性が

あるという印象を受けました

 

 

さて早速モンテクリスト伯ドラマの第1話の

ネタバレあらすじと感想を書いて

行こうと思います

 

 

スポンサーリンク

モンテクリスト伯ドラマネタバレ下準備

 

キャストはこんなかんじ

 

 

 

舞台は小さな漁師町

 

 

主人公のディーン・フジオカさん

演じる柴門暖

 

 

小さな港町で漁師をしています

 

 

同じく町で喫茶店を営む

目黒すみれと結婚することに

 

 

そんなさなか事件が起きます

 

 

暖たちが乗る船が漁の途中で遭難

 

 

すみれを中心に心配で彼らの

帰りをまつ家族、仲間

 

 

しかしこの乗っていた船で

船長をしていた

バラジ・イスワランが曲者

 

 

実は前々から犯罪をしているのでは

という話がありました

 

 

そんな中怪我をしつつも

なんとか帰ってくる暖達

 

 

しかしなぜかこの船長だけ

亡くなっていました

 

 

この船長が暖に託したのが

一枚の手紙

 

 

この手紙がきっかけで暖が疑われ

冤罪を掛けられてしまします

 

 

モンテクリスト伯ドラマの第1話ネタバレあらすじと感想

暖の乗った船が遭難し、

心配して待つすみれと南条が

暖がプロポーズした時の

サプライズビデオを見ている

ところからスタート

 

 

遭難から何一もすぎ町の人々は

諦めかけつつあるそんな時

 

 

暖の乗った船が港に帰ってきます

 

 

暖は生きていました

 

 

すぐにすみれと母に再会

 

 

テレビに取り上げられたり、

暖をヒーローとして沸き上がる町

 

 

暖曰く船を修理したのは暖

 

 

嵐でエンジンが死んだものも

修理をしながら、

それまでは星を見て航路を計算して

帰ってきたとのこと

 

 

漁港に数日後暖が復帰

 

 

そしてもともと暖の先輩神楽清が

次の船長になるはずでしたが、

暖が遭難から帰ってきたことで

 

 

ヒーローとして取り上げられ

次の船長は暖ということに

 

 

「いいんだ」と口では言うものも

神楽はどこか寂しそうな様子

 

 

ここで暖はとあることを暴露

 

 

犯罪組織ククメットの一員だと疑われていた

死んだ船の船長から手紙を受け取った

とのこと

 

 

何が何でもそれを渋谷の

とある人物に渡してほしいとの

依頼を受けていたと神楽に

話します

 

 

ヒーロー扱いされる暖に嫉妬が生まれる

そこから場面は海のシーンへ

 

 

長い間待ち続けてやっと会えた

すみれと暖

 

 

ここですみれから

明言でちゃいましたね~

 

 

満点の星空はあんまり好きじゃない

小さい頃から田舎に住んでいるので

東京のネオンの方が綺麗だと思う

 

 

だけど

「暖に誘ってもらいたくて

星が好きな振りしてた」

 

 

「そのうち星が好きになった」

 

 

かわいすぎかよw

 

 

そんなこと言われたらもう、、だめっすよ(笑)

 

 

暖も

「おまえめっちゃかわいいな」

と答えます

 

 

幸せいっぱいの二人

 

 

しかしそんな二人の様子を見た

暖を取り巻く周りの人物は暖への

嫉妬を強めていきます

 

 

南条は俳優を目指しオーディションを

受けるも落ちる

 

 

神楽は本当は船長になりたかった

でも暖が選ばれた

 

 

それをどこか許せない

 

 

急展開へ

幸せな毎日を送る暖とすみれ

 

 

そんなとある日高橋克典さん演じる

警視庁の入間が暖の元を

訪ねてきます

 

 

匿名の電話で暖が

犯罪組織クメットに関係している

という触れ込みがあった

 

 

そして暖が手紙を受け取ったことを

しりその手紙を出させます

 

 

暖が読む前に

手紙を読む入間

 

 

一方で内容は暖には伝え

ませんでした

 

 

実はこの手紙、内容は

テイキチという投資家への

ククメットの資金援助の依頼

 

 

実は秘密裏に警察側では

バラジが差し出した手紙を

受け取る予定だったこのテイキチを

差し出せば、

 

 

ラデル共和国が

監視している人質を解放する

という話が来ているのでした

 

 

このテイキチ実は実は

刑事入間の父

 

 

そこで入間は手紙を焼き証拠を消し、

手紙の宛先をテイキチではなく暖に

しむけます

 

スポンサーリンク



 

~結婚式場~

場面は結婚式場へ

 

 

すみれのウエディングドレス

姿を見てあまりの美しさに

見とれる暖

 

 

そして結婚式スタート

 

 

そんな結婚式のさなか

暖のところにまさかの警察が

やってきます

 

 

容疑はククメットへの資金援助の疑い

 

 

そのまま車で警察へ連れていかれる暖

 

 

追いかけるすみれ

 

 

それを見ながら必死に社内で

抵抗する暖

 

 

でも到底追いつけなくて

どんどん小さくなっていくすみれの姿

 

 

悲しすぎる、、

 

 

テイキチの代わりに

ククメットへの資金援助の

疑われた暖は人質と交代で

ラデル共和国に受け渡されます

 

 

ラデル共和国の刑務所で

あまりにも悲しすぎる

しうちを受ける暖

 

 

そして犯罪者の

家族として世間からいやがらせを

すみれと母

 

 

ククメットの事件の功績で

表彰される入間

 

 

暖が冤罪を受けることで

どういうわけか周りの

人物は心が晴らされた表情

 

 

暖はそのまま刑務所の牢獄へ

投獄され数年間でれなくなります

 

 

そこから数年後

 

 

暖が投獄されている

牢の下が割れ、老人が

上がってきて今週は終了

 

 

いや~とにかむむずむず

 

 

この方の言うようにわかっていても

胃もたれするようなドラマ

 

 

何度も離れてしまう暖とすみれ

まじでかわいそうすぎます

 

 

暖がとにかく好青年で

街の人気もの

 

 

だからこそそれを良く思わない

人物もいます

 

 

しかもドラマ見た感じだと

暖ってもともと島民ではなくて

東京から来たっぽい

 

 

最初は小さな憎悪も

暖の船が遭難⇒帰ってきた

ことで少しずつ膨らみ

お互い連鎖して大きくなっていく

 

 

そんな中でも一番心のどこかで

疎ましく思っていたのが

恐らく南条

 

 

もともとすみれに好意も抱くも

ある日島に来た暖にすみれを

取られる

 

 

そして一度は遭難し、死んだと

思ってきた暖は帰ってきた

 

 

だけど自分は夢もすみれも

手に入れられずに暖ばかり、、

 

 

電話で密告したのは

やっぱり南条なのではないかな?

と思います

 

 

恐らく初めは軽く困らせて

やろうくらいのつもりだったの

でしょうが、

そこに刑事の入間や神楽が

重なってどん底に落ちていった

という感じ

 

 

全体的にみてかなり面白かったですが

ちょっと不自然かな?と思ったのが

暖が犯罪組織に資金援助をしていたという設定

 

 

ちょっと無理があるかな?身元調べれば

そんなお金ないことわかるでしょって感じ

ですが、、、、、

 

 

まあでもそこは入間の厳重な手回しがあっての

ことだったのでしょう

 

 

とにかく一番いらっとくるのは入間ですね

 

 

正義つらして暖をはめて結局は父をかばい、

自分は手柄を立てる

最低です

 

 

さて来週から暖の逆襲が

始まります

 

 

来週からが本番という感じでしょうか

 

こんな感じで暖が帰ってくるんですね

 

 

やべえなマジで

 

 

温厚でホンワカした調子のよさそうな暖が

なんかどっかのCIAみたいななりになっていますね

 

 

ロケ地いっぱいでましたね

モンテクリスト伯のロケ地と撮影場所まとめ!ドラマ1話~最終話まで!

 

【NEXT】

モンテクリスト伯ネタバレ感想2話!あらすじ~すみれ達のその後、、

モンテクリスト伯のドラマ1話を無料動画で視聴するには?見逃し配信も!

山本美月モンテクリスト伯の髪型!ショートヘアがかわいい!

モンテクリスト伯 山本美月の衣装のブランドや値段を調査!

スポンサーリンク

スポンサーリンク