渋谷すばるの海外留学先の国はどこ?日本復帰の可能性は?

まさかのまさかの渋谷すばるさんが

グループそれどころか事務所から

脱退するというニュースが入ってきました

 

 

バラエティを中心に数多くの

番組に出演していたので、

 

 

ファン以外もかなり衝撃だったのでは

ないでしょうか

 

 

どうやら音楽をきわめて行きたい

ということらしく、

 

 

これから海外へ留学する

予定の様子

 

 

これどこへ留学するか非常に

気になりますよね

 

 

今回は渋谷すばるさんの

脱退後の留学先って

どこなのか調べてみました

 

 

スポンサーリンク

渋谷すばるの留学先はどこ?

渋谷すばるさんは会見で以下の

応答をしたようです

 

 

英語圏でと思っていますけど…。世界共通語ということがありますので、

出典:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804150000424.html

 

 

ここで考えられるのは

イギリスがアメリカですよね

 

 

過去に日本で爆発的な人気をほこり

解散したバンドBOØWYの

布袋寅泰さんもイギリスで

音楽活動をしていますよね

 

 

なので純粋に音楽を極めるなら

やはりイギリスの方を選らぶかな?

という声が多いです

 

 

僕もイギリスに行くのでは

ないかな?と思います

 

 

音楽に関してはイギリスと

アメリカの違いは

アメリカはコンテンツとしての

エンタメ性を重視とし、

 

 

イギリスは芸術として扱う

イメージが強いです

 

 

あくまでイメージですが、

要は音楽をビジネスとして

学びに行くならアメリカに、

 

 

純粋に「芸術」として学びに

いくならイギリスなのかな?と

思います

 

 

アメリカは成功に飢えたミュージシャンが

多く足を踏み入れる一方、

純粋に音楽を作りこんでいくなら

イギリスに行く可能性が高いですね

 

 

渋谷すばるさんのニュアンスだと

後者な感じがします

 

 

純粋に成功したいなら今の環境を利用して

海外へ向かうはず

 

 

わざわざリスク追ってまで脱退する必要ないですよね

 

 

まあ本人は今の環境に甘えたくないという

意向を示していますが、

 

 

渋谷すばる復帰の可能性は?

今回事務所、グループを脱退

する意向を伝えたとのことですが、

 

 

この先彼の活躍が見られなく

なるとは思いません

 

この先は今までの環境ではなく、自分の責任で人生をまっとうすべく、海外で音楽を学び、自分の音楽を深く追求したいと思いました

出典:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804150000424.html

 

 

あくまで留学したいということなので

海外で音楽を勉強したのち、

日本に帰ってきて音楽活動を

する可能性も高いですね

 

 

まあ復帰までの期間ですが、

4年以内に帰ってくるのではと

 

 

というのも40手前で

もう一度道を選択するのでは

ないかと思います

 

 

恐らく本人は3年で頑張って

結果ででなかったら

日本に帰るなど何かしら

決心はしているでしょう

 

スポンサーリンク



 

ネットでの声

彼のこれからの活躍に大きく

期待する方が多いですね

 

 

とにかく渋谷すばるさん歌が

かなりうまいので

 

 

再デビュー後もかなり良い所まで

いくのでは?とのこと

 

 

一方でこんな意見も

 

 

赤西さんはまだ英語を学びに

海外へ留学するなど、

前もって恐らく裏でも

準備していたのではないかと

 

 

しかし渋谷すばるさんは

ちょっと突然なのでは?という

声も多いですね

 

 

そしてやはりアメリカやイギリスは

音楽のレベルがけた違いに違う

という話

 

 

いつの間にか挫折してしまう

可能性だってあるのでは?

と心配されているようです

 

 

確かに音楽で日本人として

成功している人は今まで

少なかったかもしれません

 

 

しかしですよ、最近日本人が

世界に出て行って成功している

ケースが急激に増えました

 

 

スポーツの世界なら典型的で、

今まで日本人は「勝てない」という

固定概念があって、

世界と勝負したくても

勝負しない方も多かったと

思います

 

 

それを考えると今回の

渋谷すばるさんの決断は勇気が

あり、

 

 

なおかつ僕は成功するのでは

ないかな?と思います

スポンサーリンク

スポンサーリンク