上原暢と堀田井良史が運営したジャンプネタバレサイトと画像は?

週刊少年ジャンプのネタバレを書ていた

サイト運営者が逮捕されたようです

 

 

少しだけ速く販売されるお店で購入し、

内容をネタバレとして書いていたようですね

 

 

絶対タブーなことですが、

それでまさかの広告収入が少なくとも

3億5000万ももらっていたんだとか

 

 

犯人は生活のためといっていたようですが

生活とかいうレベルではないですね

 

 

今回はその犯人と運営していた

ネタバレサイトに関して調べてみました

 

 

スポンサーリンク

ジャンプの逮捕された早い売りネタバレサイトの管理人は誰?

今回ジャンプ早い売りネタバレサイトの管理人で

逮捕された犯人の名前はすでに出ていましたね

 

 

沖縄県北谷町自営業、上原暢容疑者

こちらが画像です

 

 

0000

出典:http://bokunolog.com/kanbarahotta/

 

 

鳥取市のフリーライター、長屋静華容疑者

秋田市中通のウェブデザイナー、堀田井良史

 

 

合計逮捕3人、起訴が一人のようです

(実はもう一人いる様子)

 

 

自営業やウェブデザイナーって一応

稼いでいても働いているのが

不思議なところ

 

 

普通数億円も稼いでいたら

働かなそうですが、、

 

 

ジャンプの逮捕された管理人の早売りネタバレサイトは?

このサイトに関してすでに特定がされているようです

 


ワンワンピースというサイトだったようですね

 

 

どうやら7月ごろからサイトの更新が止まっていたようで

警察とバトっていたのかもしれませんね

 

 

調べてみると確かにワンワンピースという

サイトありましたね

 

 

どうやら名前の通りワンピースは

もちろんのこと、

ハンターハンターにソーマ、

東京グールなどジャンプ作品を

軒並みカバーしていた様子

 

スポンサーリンク



 

そして確かに7月30日で更新はとまっています

 

 

またもう一つ判明しているのが

ジャンプねたばれまとめ速報

 

 

こちらもワンワンピースと同じく

ジャンプ系のネタバレ速報です

 

 

僕はそもそもジャンプを読まないので

知らなかったのですが、

見ていた方もたくさんいたのではないでしょうか

 

 

さすがにとんでもない数の人が

みていたはずなので、

閲覧していただけではおとがめは

なしでしょうが、、、

 

 

確かに完全にいけないことでは

ありますが、

需要があるから数億円も広告費を

もらっていたことになります

 

 

そのため違法でコンテンツを

閲覧するという考えが根本的に

変わらなければ、

こういうサイトは忘れたころに

また誕生し警察とイタチごっごな気がしますね

 

 

またネタバレサイトもですが、

やっぱり個人的には違法ダウンロード

サイトの方がやばいと思います

 

 

コンテンツがあるということは

裏には必死に文章を考えてつくったり、

絵をかいたりしている人がいます

 

 

その人達をねぎらうためにも

好きなコンテンツはお金を出して

買いたいですね

スポンサーリンク

スポンサーリンク