船越英一郎が不倫した女性脚本家は誰?大宮エリー?手紙の内容も!

松居一代さんが新たなyoutube動画をアップし

話題になっていますね

 

 

今回は2011年に松居一代さんと

船越英一郎さんの別居の真相をについて

語ったものでしたね

 

 

松居一代さん曰くこの時に報道された内容である

「船越英一郎さんが松居一代さんのことを

嫌になって出ていった」というものは嘘である

というもの

 

 

動画はその本当の理由を語るというものでした

 

 

そこにはとある女性脚本家が関係している

みたいですね

 

 

今回は女性脚本家は誰なのか、そして問題の

手紙の内容を動画で紹介しようと思います

 

 

※追記あり

 

スポンサーリンク

船越英一郎に手紙を送った女性脚本家は誰?

松居一代さんが投稿した動画には

手紙と同時にばっちりこの女性脚本家の

名前が暴露されていましたね

 

 

それが大宮エリーさん

 

 

大宮エリーさんは1975年11月21日生まれの

現在41歳の女性脚本家

 

 

この方経歴がすごいですよ

 

 

まず大学は東京大学

 

 

その後就職しコピーライトに

興味をもったそうで、

あの電通でしばらく働いていたようです

 

 

電通を退社後は独立し自ら

大宮エリー事務所を設立

 

 

現在は脚本家の他にも映画監督や

ラジオパーソナリティなんかもやっているようです

 

 

大宮エリーと船越英一郎の出会い

仮にお二人が不倫関係にあったというなら

どこで出会ったのでしょうか

 

 

調べると2010年くらいにお二人は

テレビ番組「ソロモン流」で出会ったようですね

 

 

番組では大宮エリーさんの企画に

船越英一郎さんが出演したという様子

 

 

お二人の別居報道があったのが2011年

 

 

それを考えると2010年というのは

確かに良いくらいの時期になります

 

 

しかし今回の暴露について、

お二人は単に共演しただけでは?という

話も出ているようです

 

スポンサーリンク



 

さらには松居一代さんが公開した手紙についても

自作自演の可能性を疑う声が

 

 

ちなみにこちらが手紙の内容です

 

 

 

この手紙なんですが、過去に大宮エリーさんが書いた

サインなどの筆跡とはことなるとの指摘がありりました

 

 

よくみると、て言うかみなくても

普通に違う気がしますね

 

 

こちらが大宮エリーさんが書いた文字

 

 

 

 

 

う~ん、どちらかと言うと大宮エリーさんの

文字、動画のものより丸っこい感じがして

とても同じ人が書いたとは思えませんね

 

 

一方松居一代さんの字と比べても

少し違うんです

 

松居一代 筆跡

出典:https://ameblo.jp/hisseki-chika/entry-11561028285.html

 

 

 

考えられるのは第三者が書いたということ

 

 

というか、動画とかも作りこんであって、

どう考えても第三者が手伝っているのは

見え見えですね

 

 

今回公開された手紙も大宮エリーさんが

書いたものではないのは確かな気がします

 

 

一方「文字で自作自演がばれる」という

初歩的なミスをするかな~とかも思って今いますが、、

 

 

※追記

コメントで松居一代さんの動画の文字と大宮エリーさんの

文字やはり一緒ではないか?というご意見をいただきました

 

カジュアルとフォーマルでかき分ける人もいるんですね~

 

 

そういわれて見れば、よく見ると筆跡はことなる気もしますが、

特徴が似た文字が存在するのも確かですね

 

 

やっぱり大宮エリーさんが書いた手紙なのかな、、

 

「通りすがり」さんコメント、ご指摘ありがとうございます

 

船越英一郎と片平なぎさに復縁?共演NGの理由とは?

松居一代の父親は競艇選手!成績や実家の稼業は?

チーム松居の新メンバーコンサルタント会社経営者は誰?名前は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 筆跡観ました。
    こちらに載せてあるイラストと一緒の字、
    「ます」の二文字がつながっているところ、
    松居さんの動画の字にそっくりです。
    字と字の間隔の開け方も酷似。

    私自身もそうなのですが、気軽に書くカジュアルな文字と、
    目上の人あてに書くまじめな文字を使い分ける人、結構多いです。
    もちろん船越さんあては後者です。

    だから、パッと見は雰囲気が違います。
    だけど、細部を見ると同じ人が書いたことが分かります。
    特に「ます」は酷似しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です