絶対に取れない染料を塗ったDのその後は?果実ウィトを取る方法は?

 

テレビ朝日で放送されたテレビ番組の企画で

ディレクターの友寄隆英さんがペールに

住んでいるシピボ族の元を訪れたそうです

 

 

そこで「美容に良い」という現地人の冗談を

間に受けてウィトという果実を体に

塗りたくってしまいます

 

 

しかし果実ウィトは現地人が色染めに

使っているようで「絶対に取れない染料」

と呼ばれているそうです(笑)

 

 

(詳しくはこちら!)

⇒ナスd(陸海空)はなぜ黒い?本当に治るのか?その後どうなった?

 

 

友寄隆英さんは美容クリーム感覚で塗ったようで

体中ウィトのせいで真っ黒w

 

 

その姿があまりにもシュールで話題になったようです

 

 

さて友寄隆英ディレクターのその後の

運命やいかに??

 

 

スポンサーリンク

絶対に取れない染料を塗ったDのその後

まず番組後上がった意見が

「新陳代謝で皮膚が入れ替わるので、

数日するともとの色にもどる」というもの

 

 

まあ納得してしまいますが、調べると

どうやらそんなに簡単な問題ではないようです

 

 

というのも人間の皮膚には

「表皮」と呼ばれる表面の部分と

奥の部分とで分かれているのですが、

基本的に入れ墨などは奥の部分にしみこむ為

簡単には落ちないそうです

 

 

表皮の部分と比べ奥の方は新陳代謝が

非常に遅く、数年で一サイクルなんだとか

 

 

つまりこの話から行くと数年は

染料が落ちないということになります

 

 

これに関しては恐ろしい話

 

 

実は入れ墨やタトゥーは古代から

存在しており、なんと1300年前の

ミイラに刻まれたものが残っているという

ニュースがありました(骨に刻まれていた)

 

 

ウィトの同じくヘナという植物を

使っていたようです

 

 

ということで入れ墨に使うレベルの染料は

待っていても基本的には取れないということになります

 

 

ウィトを取るにはやはり専門家の手術が

必要になるのではないでしょうか

 

 

ただし果実系の染料を落とす方法として、

染料専門店には植物染料専用の

石鹸というものが売っているそうです

 

 

これを使えば色は消えそうですが、

あくまで日本でメジャーな染料に対する

ものしかないことが容易に想像できます

 

 

果実ウィトなんて聞いたこともないですからね(笑)

 

 

そのため友寄隆英さんは帰国からその後

⇒病院⇒手術の流れだと思います

 

スポンサーリンク




 

友寄隆英さんはプロデューサーでもあり

結構テレ朝でも上のポジションみたいです

 

 

そんな人が会議などに出席したとき

そのまま真っ黒だと、いろいろと問題がありますから

 

 

友寄隆英さんは「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」の

部族アースのコーナーでは自ら出演しており、

今回もその一角で被害にあわれたようです

 

 

毎週火曜日に放送されているようなので、

次回の部族アースのコーナーでその後の姿

確実に見られるはず

 

 

番組で答え合わせですね~

 

 

友寄隆英さんのその後みなさんはどう予想されますか??

スポンサーリンク

スポンサーリンク