曽根幸明の死因や病気は?娘曽根由希江と嫁についても

作曲家の曽根幸明さんが亡くなったという

ニュースが入ってきました

 

 

曽根幸明さんは晩年多くの病気を

抱えていたということです

 

 

今回は曽根幸明さんの病気や

死因に関して、

そして娘の曽根由希江さんや嫁について

調べてみました

 

 

スポンサーリンク

曽根幸明のプロフィール

曽根幸明さんは1933年12月28日

生まれで83歳でした

 

 

出身は世田谷区で日本大学文学部中退後

歌手活動を開始

 

 

その後作詞家に転向

 

 

細川たかしさんや森進一さんに

楽曲を提供していたそうです

 

 

曽根幸明の病気と死因

曽根幸明さんは今までに多くの

病気を患い、そのたびに乗り越えてきました

 

 

2007年ごろに脳梗塞で入院したようで、

その影響で半身麻痺になった様子

 

 

その後心筋梗塞、前立腺ガン、敗血症、

帯状疱疹、糖尿病などを発症したようですね

 

 

加えて晩年は片目の視力を失い、

音楽家としての命である

耳まで遠くなっていたんだとか

 

 

そんな状態でも曽根幸明さんは

希望を捨てず最後の最後まで

病気と闘いました

 

 

この闘病生活がなんと15年

続いたそうです

 

 

そして曽根幸明さんの死因は肺炎

 

 

肺炎というのは細菌などが

肺に入り炎症を起こすことで起こる病気

 

 

普段は体に免疫機能があるため

細菌が入っても大事にはなりません

 

 

しかし肺炎になりやすい人の特徴として

次の二つがあるそうです

 

 

・病気を患っていて、免疫機能が弱まっている場合

・高齢である場合

 

 

複数の病気を患い曽根幸明さんの

免疫力はだいぶ下がっていたことでしょう

 

 

曽根幸明さんは病気を発症しても

公表はしなかったようで、

 

 

ある日目撃された際、車いすに包帯にという様子に

なっており、当時「いったい何の病気なの?」と

話題になったそうです

 

 

曽根幸明の娘と嫁

曽根幸明の娘、曽根由希江さんは

1985年4月27日生まれの現在31歳

 

 

シンガーソングライターを

されているようです

 

 

曽根由希江「HOME」

 

 

ハスキーだけど、聞き手に寄り添うような

歌声ですね

 

 

独特な声とキャッチーなメロディーで

引き込まれそうになります

 

 

2013年まで王様のブランチで

不定期にリポーターとして出演していた

方なんだとか

 

 

曽根由希江さんはご自身のブログで

父が生きている間に歌手としての

知名度があげられなかったことを

非常に後悔されていました

 

 

歌もうまいし曲も良いし美人、、

音楽界は厳しいですね、、

 

 

しかし父のように諦めず、歌手活動を

地道に続けるのが一番の恩返しに

なるのではないでしょうか

 

 

そして曽根幸明さんの嫁も歌手の

曾根喜代美さん

 

 

1953年5月15日生まれ

 

 

初めはドラマに役者として登場し

デビューとなりますが、その後歌手に転向

 

 

現在も歌手として活動を続けているそうです

 

 

おわりに

今回は曽根幸明さんの

・死因や病気

・嫁と娘

などについて調べてみました

 

 

曽根幸明さんのようにいくつもの

壁が現れても、最後まで諦めないような

人間になりたいですね

 

 

曽根幸明さんごゆっくりお休みになってください

スポンサーリンク

スポンサーリンク